宗像大社の新しい御朱印帳(小石川ユキさんデザイン)

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

新しい御朱印帳

2018年10月から、「宗像大社」オリジナルの御朱印帳に新たなデザインが加わりました。

イラストレーターの「小石川ユキ」さんによるデザインで、カラフルで可愛い御朱印帳が2種類追加されました。

早速、新しい御朱印帳を手に入れてきました。

新しい御朱印帳は、

 宗像の森と三女神
 宗像の海と三女神

というタイトルがつけられています。

これで、従来の御朱印帳と合わせて4種類の中から選べるようになりました。

参拝

御朱印帳をいただく前に、まずは参拝です。

「2018年11月11日」に参拝しました。

この日は、曇り空。

天候のせいか、参拝客も多くはありませんでした。

つい先日開催された「秋季大祭」の時は、賑わっていましたが、この日は静かな境内です。

本殿への参拝を終え、駐車場のところにある「祈願殿」へ「御朱印帳」を貰いにいきます。

御朱印帳

宗像大社の「御朱印」、「御朱印帳」は「祈願殿」で受付が行われています。

車やバイクのお祓いの受付も行われています。

また、お守りやお札も、本殿横でも販売されていますが、「祈願殿」でも販売されています。

中に入ると、御朱印帳が4冊並べて展示されていました。

巫女さんに写真を撮っていいかどうかの確認をして、撮影。

左の2冊がこれまであった従来の御朱印帳、そして右の2冊が、今回新しく授与開始となった御朱印帳です。

イラストレーターの「小石川ユキ」さんによるデザインです。

従来の御朱印帳が「1500円」(朱印料含む)、新しい御朱印帳が「2000円」(朱印料含む)となっています。

 宗像の森と三女神
 宗像の海と三女神

ポップでカラフルなデザイン。「三女神」が可愛く描かれています。

布生地のデザイン装丁の御朱印帳です。

<<表側>> には「御朱印帳」の文字があります。

<<裏側>> には「宗像大社」の文字があります。

どちらも、「蛇腹式」の御朱印帳です。

今回、「宗像の森と三女神」の御朱印帳をいただきました。

船に乗った「三女神」にも惹かれ、どちらにするか非常に迷いました。

新しい御朱印帳には、「透明のビニールカバー」もついていました。

これは嬉しい。

ちなみに、この新しい御朱印帳ですが、「期間限定」等のものかどうか伺ったところ、「限定」の御朱印帳ではないとのことでした。

今後、ずっと販売される予定だそうです。(限定だったら、多分、両方共にいただいたと思います。)

御朱印

御朱印帳のサイズは、従来の物よりも、わずかに大きかったです。(ほんのわずかです。)

開くと、裏表紙の位置に「奉助天孫而 為天孫所祭」の記載がありました。この記載に関する説明の但書も貰う事ができました。

その隣に、「奉拝」の記載です。

以前、いただいた御朱印と比べてみます。

ちょっと違いがあり、新しい御朱印帳の「奉助天孫而 為天孫所祭」は、書かれたものではなく、プリントされたものでした。

これについては、現在、従来の御朱印帳でも、裏表紙の位置にプリントされたものになっているそうです。

「神勅」の詳細については、宗像大社のサイトで確認できます。

 → http://www.munakata-taisha.or.jp(宗像大社のサイト)

今回追加された新しい御朱印帳はポップでカラフルなので、若い女性等に人気が出そうな気がします。

以前の御朱印については、過去に話題にしています。よろしければ、合わせてご確認ください。

 宗像大社で御朱印帳と御朱印をもらう(2016年5月18日の話題)

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします