「神宿る島 世界遺産クッキー」を購入

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

宗像市のおみやげ

2017年に「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界遺産に認定されてから、宗像でも独自のお土産がどんどん生まれています。

「宗像観光おみやげ館」に行くと、色々な種類のおみやげが売っています。

以前、「博多の女」の姉妹商品である、二鶴堂の「宗像の女(ひと)」を購入したことは話題にしました。

 宗像市のおみやげは「宗像の女(ひと)」で決まり!(2018年8月30日の話題)

今回購入したのは「神宿る島 世界遺産クッキー」です。

絵本の様な可愛いデザインが目を引きました。

宗像大社の「沖津宮」「中津宮」「辺津宮」の本殿が描かれたプリントクッキーです。

価格は、12枚入りで、「600円(税別)」

クッキーで、それなりに日持ちもするので、お土産に最適。

神宿る島 世界遺産クッキー

側面にくぼみのある、ちょっとオシャレなパッケージです。

底面は、下の写真のような感じです。

開けてみると、クッキーが12枚、並んで入っていました。

開けたところには、それぞれの神社の説明の記載がありました。

クッキーの絵柄は3種類。

沖津宮
中津宮
辺津宮

それぞれの本殿と、女神様が描かれています。

パッケージには「ランダムアソート3種 12枚」と記載がありましたが、購入した分には、それぞれ4枚ずつ入っていました。

クッキーの裏側は無地です。

食べてみると、オーソドックスな「バター(マーガリン)クッキー」です。

着色料によるプリントのせいだと思いますが、「沖津宮」のクッキーは、やや「しっとり」としていました。

「中津宮」、「辺津宮」については、サクッとした食感でした。

クッキーにより、やや食感のムラがあったのが残念なところです。

製造は、熊本県人吉市の「(株)寅屋」と記載がありました。

熊本製造の宗像のお土産というのも、不思議な感じです。

ちょっと気になった事

箱を開けた場所に書いてあった各社の説明文。

これがちょっと気になりました。

沖津宮 → 辺津宮 → 中津宮

上記の順番になっていましたが、ウチの感覚的には、、、

沖津宮 → 中津宮 → 辺津宮

こっちの方がしっくりきます。(あくまでも個人的な感覚です)

それぞれの女神、「田心姫神(沖津宮)」「湍津姫神(中津宮)」「市杵嶋姫神(辺津宮)」の誕生した順番については、書物により異なる部分もあるようですが、地理的にみても、「沖津宮 → 中津宮 → 辺津宮」の順番がしっくりと感じます。

特に順番でどうこう言うわけでもありませんが、個人的にちょっと気になりました。

ちなみに、パッケージの表を見ると、、、

左側にある「中津宮」が一番目立っている印象を受けます。

「神宿る島 世界遺産クッキー」という名称なので、左側に「沖津宮(沖ノ島)」を配置してもよかったのでは?? と感じました。

まぁ、どうでもいい話です。

食べた後の箱の底もオシャレでしたよ。

宗像市観光の際には、お土産にいかがでしょうか??

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします