開扉した「沖津宮遥拝所」を見に行く(沖津宮・中津宮両宮春季大祭)

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

沖津宮・中津宮両宮春季大祭

毎年、「旧暦3月15日」「沖津宮・中津宮両宮春季大祭」が開催されます。

今年(2019年)は、「4月19日」です。

大島の各社で神事が行われます。

スケジュールは以下の通り。

 8:30 厳島神社(弁財天)
 9:00 沖津宮遥拝所
 9:30 御嶽神社
11:00 中津宮

「沖津宮遥拝所」と「中津宮」での神事では、巫女による「浦安舞」も奉奏されます。

なんといっても、この日は「沖津宮遥拝所」が開扉するのです。

それを見るために、大島へと行ってきました。

全ての神事を見て回りたいのですが、その時間は無かったので、「沖津宮遥拝所」での神事のみ見てきました。

朝一便の「7:40」に「神湊」を出港するフェリーで大島に向かいました。

この日の天気は、朝は「晴天」でした。

沖津宮遥拝所

フェリーは順調に運行し「8:05」頃に大島へ到着。

ここから歩いて「沖津宮遥拝所」に向かいました。

途中にワナを発見。イノシシ対策でしょうか??

「8:30」頃には、遥拝所へと到着。

まだ扉は開いていませんでした。

その後、神職の方が神事の準備を始めました。

扉が開きました。

開扉した遥拝所は荘厳な雰囲気です。

天気も良いので、「沖ノ島」が見えるかな?? と思ったのですが、、、

全然見えませんでした。残念です。

海は綺麗だったのですが、、、

神事の始まる「9:00」頃になると、人が集まって来ました。

時間通りに神事が開催されました。

宮司による「祝詞奏上」、「拝礼」等が行われ、巫女による舞が奉奏されました。

20分程度で神事は終了です。

神事終了後は、すぐに片付けが始まりました。

そして、あっという間に扉が閉じられてしまいました。

この後、「中津宮」で神事も開催されるのですが、時間の都合で、「10:15」の大島発のフェリーで帰りました。

今回、大島での滞在時間は2時間程度です。

お土産で、大島の塩を使った「塩ワッフルクッキー」を購入しました。

今回は、開扉した「沖ノ島遥拝所」を見に行っただけでした。

年に数度しか開扉しないので、貴重な体験です。

ちなみに、昨年の秋季大祭の時にも開扉した「沖津宮遥拝所」を見に行きました。

過去に話題にしていますので、よろしければご確認ください。

 宗像大社 中津宮(大島)の秋季大祭に行ってきました(2018年10月24日の話題)

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします