「山田地蔵尊」に行ったけど誰もいなかった

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

晴れた日の平日

12月の晴れた日の平日に「山田地蔵尊」に行ってみました。

「山田地蔵尊 増福院」

菊姫伝説でも知られているお寺です。

15121701

入り口に遠慮がちに看板が立っています。

15121702

駐車場は、それなりに台数は停められますが、1台も停まっていませんでした。

平日とはいえ、これだけ天気がいいのに、参拝者はいないようです。

15121703

駐車場のすぐそばに階段があります。

階段を上って行けば、境内です。

15121704

本堂には更に階段を上って行きます。

15121705

本堂は扉が閉じられていました。

わずかに開いており、そこから「賽銭箱」が見えていましたので、そのわずかな隙間からお賽銭を入れて、お参りをしました。

辺りを見回しても、誰もいません。

すっかり貸切状態でした。

本堂に今年の「除夜の鐘」と来年の「新年初参り地蔵」の案内がありましたので、確認してきました。

それによると、、、

年末年始

15121706

「除夜の鐘」はもちろん「12月31日」

午後11時30分より、翌元日0時30分まで、1人1撞できますと表記されていました。

境内を見渡すと、、、

15121707

ありました。「梵鐘」です。

近づいてみると、「中国製梵鐘 (明)正徳九年製 西暦一五一四年」という記載がありました。

15121708

この(明)は「明治」ではなく、中国の王朝、「明国」の元号「正徳」9年という意味です。

そして、「新年初参り地蔵」は、1月1日〜4日まで。

祈願受付は「午前9時から午後5時まで」と記載されていました。

お寺にお参りして誰もいないというのは寂しいものがあります。

時間がとれれば、次回は「新年初参り地蔵」に行ってみようと思います。

詳しくは「山田地蔵尊 増福院 宗像家菊姫様菩提所」のサイトでご確認ください。

 → http://yamada-jizouson.jp

「山田地蔵尊」は桜で有名です。

そのため、12月に行っても誰もいなくても当然かもしれません。

桜の季節になれば、花見客も多いと思います。

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします