福岡宗像「あなごパイ」は、夜のお菓子と呼んでもいいのかな??

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

そろそろ更新を再開しようかな

「2019年11月」以降、新型コロナ(COVID-19)の影響もあり、更新をしていませんでした。

自粛が呼びかけられている中、更新するのもなんだかなぁ、、、と思いまして、そうこうしているうちに、更新せずに1年半が経過。

更新しない時期が続くと、更新することも面倒になってきてしまい、ズルズルと、、、

更新する内容は、色々とあったんですけど、、、

そろそろ、更新しないと!! と思って、再開することにしました。

人気も影響力も皆無のブログですが、これからもぼちぼち更新をしていけたらな、、、と思っています。

あなごパイ

先日、「道の駅 むなかた」に隣接している「宗像観光おみやげ館」に行ってみると、目につく商品がありました。

その商品名は「あなごパイ」!!

もしかしたら、隣にある「宗像の女」に目がいくかもしれません。

「宗像の女」については以前、話題にしています。気になる方は、そちらでご確認ください。

 宗像市のおみやげは「宗像の女(ひと)」で決まり!(2018年8月30日の話題)

★「宗像の女(ひと)」は、「博多の女」の姉妹品で、「二鶴堂」製造が製造しています。

「あなごパイ」って、「夜のお菓子」で有名な「うなぎパイ」の類似品なのか??

かなり気になったので購入してみました。

価格は「600円(税抜)」、軽減税率対象品なので、税込だと「648円」です。

宗像市は「あなご」の漁獲が福岡県1位で、毎年、「宗像あなごちゃん祭り」も開催されています。

この「あなごパイ」にも、「宗像あなごちゃん祭り」のロゴマークがプリントされています。

パッケージには、「宗像産のあなご粉末が入った、サクサク食感のパイです。」の表記が。

製造者は、愛知県の「有限会社 泰伸」、販売者は、太宰府市の「大邦物産(株)」と記載されています。

完全に、お土産品目的で作られたのでしょう。

「うなぎパイ」が全国的に有名なので、真似して作ってみた、、、というようなノリが感じられます。

でも、原材料名の中には、ちゃんと「焼あなご粉末」という記載がありました。

パッケージを開けると、真っ白な箱。

内箱は、何の表記もなく、シンプル。

中に、「あなごパイ」が10枚入っています。

1枚ずつ、金色の袋で個別に包装されています。

大きさの確認用に、ペンと一緒に撮影。

有名な「うなぎパイ」と同じようなサイズだと思っていただいて間違いありません。

お菓子の形状も、「うなぎパイ」に似ています。

食べてみると、サクッとした食感。

パイの側面に軽く砂糖がついているので、ほのかな甘みを感じます。

この辺も「うなぎパイ」と同じ感じです。

でも、砂糖はそんなに多くなく、甘さは控えめ。プレーンなパイを食べている感覚です。

肝心の「あなご」は?? というと、、、

「宗像産のあなご粉末が入った」とありますが、風味を全然感じませんでした。

ウチが鈍いだけなのか??

個人的には、「うなぎパイ」に似てはいますが、品質的には及ばない商品といったところ。

「夜のお菓子」、、、というにはちょっと、、、

とはいえ、面白い商品ですので、お土産に買ってみるのも良いかもしれません。

2000万人

今回の「あなごパイ」を購入した際に、「道の駅 むなかた」の累計来場者数が「2000万人」を突破していたことを確認しました。

日付は「令和2年9月24日」に突破したようです。

過去の来場者達成日は以下の通り。

 累計来場者 1500万人:平成29年8月10日
 累計来場者 1700万人:平成30年9月13日

着実に来場者を伸ばしているようです。

ここ1年は、新型コロナの影響で、客足も鈍っているかもしれませんが、、、

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします