「むなかた495まつり」へ行ってきました

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

むなかた495まつり

「道の駅 むなかた」で開催された「むなかた495まつり」

「国道495号線」にちなんだお祭りです。

開催期間は以下の通り。

2018年10月4日(木)〜 10月9日(火)

期間中の3連休 「6日(土)〜8日(月・祝)」 の3日間は、色々なイベントが予定されていましたが、「台風25号」の影響により、いくつかが中止となりました。

台風は、九州からは少し離れた朝鮮半島側を通りましたが、それでも「6日(土)」は「道の駅」自体が臨時休業となっていました。

「7日」は、規模が縮小されながらも、開催されたようです。

そして、迎えた「8日(月・祝)」に行ってみました。

新しい駐車場

この日の天気は良く、来客も多かったです。

道の駅の前には、駐車場に入るための、ちょっとした車の列が、、、

「495まつり」の「のぼり」も立てられています。

「道の駅 むなかた」ですが、今回、新たに芝生広場新たな駐車場が増設されました。

今回は、そのオープンを兼ねたイベントでもあります。

以前(2018年5月頃)は、、、

こんな感じだったのですが、今回、以下のように変わりました。

大きな駐車場が増設されました。

また、新たな駐車場の隣には、芝生広場ができました。

今回、この広場で出店イベントが行われていました。

イベント

様々なお店が出店していたのですが、中には、台風の影響で出店が中止になったお店も。。。

会場の案内には、「台風のため出店中止になりました」という文字も多く見受けられました。

それでも、会場は大賑わいでした。

祝日で、天気が良かったこともあり、多くの家族連れが来場していました。

一番人気は、「金魚・フィッシングゲーム」のコーナでした。

通常の観賞用の金魚よりも、大きく育てられた金魚が水槽の中を泳いでいました。

宗像のお店だけでなく、長崎の「カステラ」や「みかん」等の出店もありました。

特産品、おみやげ売り場

特産品の売ってあるお店の中も、大盛況。

魚や野菜を買い求める人でレジも混雑していました。

販売所の入口には、「累計来場者1700万人」突破の記載プレートがありました。日付は「平成30年9月13日付」です。

「平成29年8月10日付」「1500万人」でしたので、1年間で「200万人」ぐらいの人が来ているようです。

15000万人のプレートついては、以前の話題で確認できます。

 「宗像観光おみやげ館」に行ってみました(2018年5月1日の話題)

「観光おみやげ館」も盛況で、その隣に隣接する「孝行や」には、ソフトクリームを買い求める行列ができていました。

おすすめは、ご当地ソフトクリームの「玄海の塩」です。

台風の影響がなければ、出店の中止等も無く、もっと盛り上がったのではないかと思います。

でも、ウチの行ったこの日だけでも、かなり混雑していました。

駐車場も新たに増設されましたので、更に利便性は上がりそうです。

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします