「宗像観光おみやげ館」に行ってみました

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

宗像観光おみやげ館

「道の駅むなかた」の中にオープンした「宗像観光おみやげ館」に行ってみました。

「道の駅むなかた」のオープン(平成20年4月)から10周年を記念して新設された施設です。

オープン日は「2018年4月21日(土)」でしたが、その後の平日に行ってきました。

九州屈指の来客数を誇る道の駅、、、いつ行っても多い。

入り口から入って右側に見えるのが新設された「宗像観光おみやげ館」です。

駐車場内には「天神 ~ 宗像大社、道の駅むなかた、神湊波止場」を継なぐバス「むなかた号」も停まっていました。

正面入り口です。

オープンしたばかりなので、横断幕とオープニングの飾り付けが残っています。

建物の横にはちょっとした休憩広場があります。「にぎわい広場」というらしい。

土日などにはイベントなどが行えそうなスペースです。

営業時間は 9:00 〜 17:00

定休日は 第4月曜日

中に入ってみると、できたばかりなので、かなり綺麗。

売り場面積は、そんなに広くありませんが、特産品がたくさん並んでいました。

もちろん、世界遺産関連グッズコーナーもありました。

「道の駅」自体の来客者が多いため、「宗像観光おみやげ館」も賑わっていました。

そうそう、外には「孝行や」という「おもてなしのお店」がありました。

孝行焼き

色々な種類のソフトクリームが売っています。

小国ジャージーミルク
八女玉露
イタリア生チョコ
湯布院クリームチーズ

等、まったく地域間の無い種類が並んでいますが、その中で、、、

玄海の塩:塩と甘み 絶妙バランス

ありました。これが、ご当地ソフトクリームのようです。

その他では、、、

「孝行焼き(チョコチップ入り)」、、、これが気になったので、買ってみました。

人形焼のような生地に、チョコが入っています。

チョコクリームではなく、チョコチップというのがポイント。

甘すぎず、良いバランスの仕上がりで、美味しかったです

気になったのは、「孝行焼き」の形状です。

これは何だろうか??

「花びら」のように見えるのですが、市の花である「かのこゆり」、、、ではなさそうだ。

では、市の木である「くすのき」の花?? でもなさそう。

ちなみに、この「孝行や」は「正助ふるさと村」が出店しているそうです。そのため、「孝行や」という屋号みたい。

出店にあたり、新しく「孝行焼き」を生み出したそうです。お店の方が言ってました。

ここで、形についても聞いておけばよかったのですが、買った時には、全く気にならなかったので、、、

「正助ふるさと村」は桜の名所でもあるので、案外「桜の花びら」なのかもしれません。

後々、「道の駅むなかた」の名物商品になるといいですね。

道の駅

相変わらず、「道の駅」は多かったです。

中の販売コーナーも人だらけ。

平日でこんな感じなので、土日だと、もっと混雑していることでしょう。

そして、道の駅内のレストラン「おふくろ食堂はまゆう」には大行列。

写真の矢印の先がレストランなんですが、その横に行列が、、、

平日の「11時20分」頃でこれです、、、この後、お昼時にかけて、もっと行列が伸びたのではないでしょうか??

累計来場者も1500万人を超えたようで、「平成29年8月10日付」のプレートが設置されていました。

また、さらに施設や駐車場の拡張を予定しているのでしょうか??

隣接する土地が綺麗に整地されています。

本当に、宗像市の一大観光拠点になっているなぁ、、、と実感。

オープン時のチラシ(PDFファイル)

 宗像観光おみやげ館オープン

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします