釣川沿いの菜の花を見に行く(東郷橋周辺)

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

東郷橋周辺

前回、稲元周辺の釣川沿いの「菜の花」について話題にしました。

 → 釣川沿いの菜の花を見に行く(稲元周辺)(2016年3月28日の話題)

宗像市の東郷橋周辺では、もっとたくさんの「菜の花」が咲いています。

実際には、東郷橋から宗像大社にかけての釣川沿いの土手にはたくさんの「菜の花」を見ることができます。

今回は東郷駅の周りの「菜の花」を見に行ってきました。

「2016年3月28日」に行きました。

東郷駅の上から赤間方面を見てみます。

16033001

土手の左右に「菜の花」が見えます。

逆に、宗像大社方面は、、、

16033002

こちらも黄色い模様が見えます。

で、東郷橋の下を覗き込んでみると、、、

16033003

結構、ゴミが捨てられています。マナーの悪い人がいるものです。

さて、赤間側の「菜の花」を見て行きます。

赤間側

16033004

川が2つに分かれる左右の土手に綺麗に咲いています。

16033005

少し歩いて、東郷橋を振り返ると、上記の通りです。

16033006

側を歩くと、花の香りもよく、気持ちいいです。

16033007

続いて、東郷橋の宗像大社側の方に行ってみます。

宗像大社側

16033008

赤間側と比べて、少なめです。

16033009

少し歩いて、東郷橋を振り返ると、上記の通りです。

対岸、また、中洲のような部分には黄色い模様が見えますが、手前には見えません。

対岸の方は、宗像大社に至るまで、ずっと黄色い模様が続きます。

16033010

この時期の晴れた日はとても気持ちがいいので、東郷駅周辺を散策するのもおすすめです。

ここだけではなく、釣川沿いでは、どこでも「菜の花」が群生しているので、ちょっと足を止めて眺めてみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします