光岡八幡宮に「大楠」を見に行く

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

光岡八幡宮

光岡八幡宮には、福岡県の天然記念物に指定されている「大楠」があります。

指定されたのは「昭和31年7月21日」なんだとか。

最近ではパワースポットとして、密かに注目されているとかいないとか、、、

実際に見に行ってみます。

2016年3月8日に訪問しました。

16030801

こちらが「光岡八幡宮」の正面です。

普通の道に突然神社があります。

16030802

駐車場はありません。

それどころか、神社の正面には、防火水槽が設置してあり、駐車禁止の看板がありました。さすがに路上駐車は気が引けます。

16030803

車で訪問の場合は、少し距離がありますが、「ユリックス」の駐車場にでも停めて、歩いて行くのが良さそうです。

境内

どこにでもあるような、小さな神社です。駐車場もないため、参拝客もいません。

参道を入っていくと、いきなり、大きな木があります。

16030804

これが噂の「大楠」?? と思いますが、違います。

この木も参道の舗装を破壊するぐらい成長してて、なかなかの大きさ。この木も「楠」です。

16030805

今後も、成長し続けるのではないでしょうか。

16030806

狛犬と鳥居があり、その奥にあるのが本殿です。

16030807

16030808

お賽銭箱などはなく、お賽銭は本殿の窓の隙間から投げ入れるようになっていました。無人の神社ですので、この辺はしょうがないところ。

16030809

本殿の脇に設置されていた、これが「手水舎」なのでしょうか?? 水もたまっていませんでしたけど。

16030810

では、目的の「大楠」を見て行きましょう。

本殿を正面から見て、左側に「大楠」があります。

16030811

大楠

16030813

もの凄い存在感です。

「大楠」の案内板によると、目通周囲 7.0m、高さ 29.5mとあります。

16030812

樹齢は、なんと約500年。

むき出しになっている根も凄いです。

16030814

木が大きすぎて、写真に入りきれません。

16030815

実際に見てみると、神秘的なオーラを感じます。一度は見ておくべき「大楠」だと思います。

16030817

反対側から写した写真です。

普段の参拝客もほとんどいない小さな神社にありますので、穴場スポットだと思います。

実は「宗像市」の「市の木」は「楠(くすのき)」です。

この「光岡八幡宮の大楠」以外にも、福岡県の天然記念物に指定されている「楠」が2本有ります。「大楠」の案内板にも「宗像市内に天然記念物に指定されているクスノキが他に2本あります。」という記載が確認できます。

それがどこか?? というと、、、

・平山天満宮の大楠(昭和50年8月14日 指定)

・横山の大樟(昭和31年7月28日 指定)

こちらも、そのうち紹介したいと思います。

さて、この「光岡八幡宮」ですが、小さな無人の神社ですので、あまり手入れが行き届いているとはいえません。

その辺も魅力かもしれません。

16030816

催事ごとの際に使用するための建物でしょうか??

16030818

その他、小さな「社」や「祠」もあります。

「大楠」だけでも見ておく価値はあると思います。

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

コメント

  1. 野原maruyo より:

    大変驚きました。今からでも見に行きたいです。楽しみにしています。