JAPAN PRIDE POTATO 宗像 第4弾「宗像 焼のり醤油 宗像産醤油と穴子」

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

JAPAN PRIDE POTATO

「湖池屋:コイケヤ」が、2017年から展開する「JAPAN PRIDE POTATO」シリーズ。

2018年には、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群を応援するポテトチップとして「JAPAN PRIDE POTATO 九州焼のり醤油」が販売されました。

こちらの商品については、以前話題にしています。

シリーズは続き、2019年に「第2弾」、2020年に「第3弾」が発売されました。

その間、ブログを更新していなかったので、その商品の話題はありませんが「第2弾」の商品の写真はありました。

そして、今年(2021年)、第4弾の「宗像 焼のり醤油 宗像産醤油と穴子」が発売となりました。

2021年5月17日から、全国コンビニエンスストア、2021年5月24日から、全国スーパーマーケット等で販売を開始しています。

「JAPANプライドポテト 焼のり醤油」のプレスリリース記事については、以下で確認できます。

 コイケヤ プレスリリース

  https://koikeya.co.jp/news/detail/923.html

宗像市では、地元を題材にした商品ということで、各スーパーが展示に力を入れています。

 くりえいと宗像「サンリブ」106円(税込)

 ゆめマート 赤間128円(税込)

 道の駅 むなかた140円(税込)

売り場の目立つ場所に展示されています。

しかし、「道の駅 むなかた」の販売価格は高すぎる気もします。

それでも売れるんでしょうね。

宗像 焼のり醤油 宗像産醤油と穴子

一番、リーズナブルだった「サンリブ」で購入しました。

そうそう、サンリブには「宗像市場」という地元の特産品を集めたコーナーも設置してありますので、そちらもオススメです。

商品は、「第1弾」や「第2弾」と異なり、薄い青が印象的な海を連想するようなパッケージです。

宗像産の「醤油」、有明海産の「のり」、そして鐘崎漁港で水揚げされた「穴子」が使用されています。

宗像市の鐘崎漁港は、「穴子」の水揚げ量が福岡県で一番であり、毎年「あなごちゃん祭り」も開催されています。

パッケージには「宗像あなごちゃん祭り」のエンプレムも確認できました。

外観は、一般的なポテトチップです。

食べてみると、九州独特の甘い醤油の味がします。

「のり」の香りもしますが、以前のものと比べて、やや弱めな印象を受けました。

それから「穴子」ですが、個人的には、あまり風味を感じませんでした。

原材料名を確認すると「あなご加工品」が使われてはいるようですが、、、

そして、この商品は、「1袋あたり1円を寄付し、”世界遺産CITY”宗像の資金として1袋あたり1円を、から発信する海の環境保全活動を応援します。」という表記があります。

「第1弾」の時から、寄付の活動は行なっているようですので、どれくらい寄付されたか(この商品が売れたか)気になります。

「ポテチ×○○○」で「#宗像ポテチ映え」キャンペーン

この商品の発売を記念して、「宗像市水産業応援サイト むなかたギョギョ」で、キャンペーンが行われています。

JAPANプライドポテトが当たる!「ポテチ×○○○」で「#宗像ポテチ映え」キャンペーン

「JAPANプライドポテト 宗像 焼のり醤油」と一緒に撮った写真を、指定のハッシュタグ「#宗像ポテチ映え」「#むなかたギョギョ」をつけてSNSで発信すると、抽選で 1箱(12袋)が当たるようです。

商品を購入して投稿してみてはいかがでしょうか。

このキャンペーンを確認すると、問い合わせ先は「宗像 市役所 秘書政策課」となっていました。

役所が企画したキャンペーンなのでしょうか??

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします