大雨で宗像市の一部にも避難勧告が出ていました

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

一部で避難指示

「数十年に1度」とも言われる「大雨」が西日本を襲いました。

宗像市でも、5日の夜から6日の夜にかけて1日中雨が続きました。

西日本各地で避難指示が出ていましたが、宗像市でも一部の地域で「避難指示」が出ていました。

7月6日11時10分に宗像市山田 畑、本村、横山地区に対して避難指示を発令しました。

山間にあるので、崖崩れの恐れがあったのでしょう。

ちなみに、避難所の1つになっていた「河東コミセン」については、河東コミセン前の道路が冠水しているため、途中で閉鎖となりました。

宗像市でも結構雨が降り、朝方の「赤間駅」には、水たまりが出来ていました。

ウチも、この日の昼、「サンリブくりえいと」まで行ってみましたが、「Docomo」「au」「Softbank」の全てのショップが軒並み閉店となっていました。

うーん、こういう災害の時こそ、携帯電話のショップを開けて充電センターみたいな感じで営業してくれるといいだろうけど、、、と思ったのはウチだけでしょうか??

その隣の「伊三郎製ぱん 宗像店」も閉まっていました。

公共交通機関も大混乱で、高速道路も通行止めになっていたせいか、3号線も大渋滞。

金曜日と平日だっただけに、通勤、通学等で困った人も多かったのではないでしょうか。

幸い、宗像市内では大きな被害はなかったようで良かったですが、西日本各地で被害が発生しているようなので、その影響で、流通の混乱などはしばらく続きそうです。

今回の大雨で役に立ったのが、「宗像市防災ホームページ」です。

「緊急情報伝達システム:宗像防災メール」の受信登録もできるので、一度見ておくといいかもしれません。

「数十年に1度」の「大雨」だったそうなので、今後10年ぐらいは来ないかもしれませんが、「大雨」ではなく、「台風」ならば、ちょくちょく上陸します。

一度、防災マップ等を確認しておく方が良さそうですね。

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします