絵本「出光佐三のふるさと~むなかたから世界へ~」が出版されましたよ

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

絵本

「2018年4月7日(土)」に、絵本「出光佐三のふるさと~むなかたから世界へ~」が発売となりました。

宗像出身で、出光興産の創業者「出光佐三」さんの偉業を描いた絵本です。

「宗像青年会議所」が制作し、絵は「福岡教育大」の美術科の生徒が描いています。

元々は「WEB絵本」として制作され、「宗像青年会議所」のサイトで公開されていましたが、今回、書籍化されました。

地元宗像の絵本ですので、購入しなければ、、、と思い、買ってきました。

税込 1,620円(税抜 1,500円)

フルカラーの絵本ですので、それなりの金額です。

さて、この本の取扱店ですが、かなり小規模。

「市役所」や「道の駅むなかた」などの市内の施設、そして、宗像市内のいくつかの書店のみ。

通販では「Amazon」で購入可能です。

かなりローカル色あふれる絵本です。

ウチは「ゆめタウン」内の「金文堂」で購入してきました。

店内には、ちょっとした宗像市関連の特設展示が行われていました。

さて、何故「ゆめタウン」で購入したか?? というと、、、

書籍化を記念して「絵本原画展」が「ゆめタウン」の1Fで開催されていたのです。

絵本原画展

「ゆめタウン」1Fのイートインコーナーで開催されていて、観覧は無料。

足を止めて見ている人も多かったです。

原画と一緒に絵本の文章も展示してあったので、絵本と同様に見ることが可能です。

ちなみに、原画展と同時に世界遺産に登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の案内もありました。

今は福岡県内は、どこに行っても「沖ノ島」だなぁ、、、

そうそう、「北九州空港」でさえ、大きな横断幕がありましたよ。

元の「WEB絵本」は「平成29年8月30日」に公開されており、それから1年もせずに書籍化です。(ローカルだけど。)

でも、宗像関連の絵本が出るのは嬉しいですね。

評判が良かったのかな??

さて、元となった「WEB絵本」ですが、以下のサイトで読むことができます。

挿絵も温かみがあって良いですよ。

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。