「十時」でちゃんぽんを食べる

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

宗像市でちゃんぽんと言えば、、、

宗像市で「ちゃんぽん」と言えば、「十時」は外せません。

ということで、ちょっと前になりますが、行ってきました。

「道の駅むなかた」のすぐ近くにあります。

場所は以下の地図でご確認ください。「神湊」の交差点のすぐそばです。

「十時:ととき」と読みます。

そんなに大きな店舗ではありません。

店の前に数台車を停めることができます。

こちらが入り口。営業時間は、、、

<平日> AM 11:30 ~ PM 3:30

<土・日・祝日> AM 11:30 ~ PM 2:30

そんなに長い営業時間ではありません。それもそのはず、来客が多いですから。

15人〜20人も入れば満員といった店内です。

平日の13時過ぎに行ったのですが、それでも、ほぼ満員でした。

ここに来ると、ほとんどの人が「ちゃんぽん」を頼むのではないでしょうか。

その他、「かつ丼」も人気メニューです。

もちろん、例に漏れず、「ちゃんぽん」を注文しました。それも「大盛り」を。

十時のちゃんぽん

こちらが「ちゃんぽん」です。

「キャベツ」と「玉ねぎ」がたっぷり、そして、上に乗った「干しエビ」が特徴です。

麺はちょっと縮れた中太の中華麺。

白濁のスープです。

具材は野菜の他に「豚肉」、「あさり」、「かまぼこ」、「きくらげ」等が入っています。

麺は少し歯ごたえのある食感で、中太のため、スープがよく絡みます。

スープは見た目よりもあっさり風味。コショウが適度に効いています。「キャベツ」と「玉ねぎ」の甘みがスープとよく合います。

「干しエビ」の風味が良いアクセントになっています。

「大盛り」でもペロッと食べることができました。

宗像では、かなりオススメの食堂だと思います。価格もリーズナブルですよ。

「宗像大社」や「道の駅」訪問の際には是非、、、

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします