「くりえいと」の「伊三郎製ぱん 宗像店」のプレオープンに行ってみました

役に立ったらシェアをお願いします

 使用している写真はクリックすることで、大きな画像が表示されます。

12月10日にオープン

くりえいと1丁目に「伊三郎製ぱん 宗像店」がオープンします。

なんでも、「伊三郎製ぱん」のサイトによると、九州で26店舗目だそうです。

詳しくは、「伊三郎製ぱん」のサイトを確認してもらうとして、、、

 http://www.isaburo.jp
 (「伊三郎製ぱん」のサイト)

かなり大きくチェーン展開をしているようですが、近所になかったので、ウチは行ったことがありません。

そんな中、少し前から店舗ができていたので気になっていました。

場所は「くりえいと」のショッピングモール内、「楽市楽座」と「au」の間です。(以下はオープン前の写真)

「焼きたてぱんがいつでも100円!!」という文字が目立ちます。

オープニングスタッフの募集もしていました。

オープン前の貼り紙によると「12月8日 OPEN」らしい。

ということで、「12月8日」に行ってみました。

オープン日らしく、店舗の旗と記念の花があります。

でも、入り口に置いてある看板を見ると、、、

この日「2016年12月8日(木)」はプレオープンだそうです。

翌日9日がお休みで、グランドオープンは「12月10日(土)7時〜」です。

ともかく、プレオープンでもオープンには違いないので、入ってみました。

焼きたてのパンがたくさん

入り口には「犬」!!

「いさぶろうわんこ」というらしい。「伊三郎製ぱん」のキャラクターでしょう。

店舗は、そんなに大きいわけではありません。

でも、中に入ると、たくさんのパンがところ狭しと並んでいます。それも「100円」です。

あ、税別ですので、税込だと「108円」です。

ほとんどのパンが「100円」ですが、一部、食パンや、サンド、バーガー系のパンは「130円」や「150円」でした。

プレオープンで開いたばかりということもあり、たくさんの人が来店していました。

通常のパン屋と同じように「トレイ」と「トング」を持って、好きなパンを選びます。

その後、袋詰めはセルフサービス。その後、レジに持って行くというシステムです。

袋詰めはオープンで人が多いからなのか、それとも、この店舗のシステムがそうなのかはわかりませんが、特に面倒というわけでもありません。

次から次にパンが飛ぶように売れていました。

「100円」という手頃で計算のしやすい価格設定が良いのでしょう。

何より、店舗の奥では、どんどんパンを焼いていて、焼きあがるたびに新しいパンが出てきます。

焼きたてなので、どれも美味しそうに見えますし、パンの香りも良いんです。

とりあえず、「カレーパン」と「ベーコンエピ」と「ハムエッグ」を買いました。

「100円」という価格設定なので、パンの種類によっては、大きさが少し小振り、、、という感じを受けました。

食べて見ると、焼きたてなので、非常に美味しい!!
(すぐに持ち帰って食べました。)

やっぱりパンは焼きたてを食べるのが美味しいですね。

特に「カレーパン」は外がカリカリで美味しかったです。

この日はプレオープンで人も多く、パンの回転も早く、常に焼きたての状態のものがありましたが、今後、しばらくして客が落ち着いてくると、どうなっていくのかちょっと気になるところ。

「12月10日(土)7時〜」のグランドオープンの日は、もっと人が多いんだろうなぁ、、、と思います。

ちなみに、短い時間の滞在時間でしたが、その間に20個以上もパンを購入している方も何人か見かけました。

そんなに買ってどうするんだろう??

次の日に持ち越すと、硬くなったりするんじゃないかなぁ、、、と、人事なのでどうでもいいのですが、ちょっと気になりました。

スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします